ページの一番上へ

ヨネックススポーツ振興財団 YONEX SPORTS FOUNDATION

トップページ/概要表彰(記事一覧)表彰

2017.06.16 平成28年度米山稔賞はレスリングの吉田沙保里選手、バドミントンの髙橋礼華選手、松友美佐紀選手が受賞

受賞者との集合写真

青少年スポーツの振興に関して貢献のあった個人及び団体を表彰する米山稔賞表彰式が6月16日に行われ、オリンピックレスリング競技で4大会連続メダル獲得の吉田沙保里選手(至学館大学職)、リオオリンピックバドミントン競技女子ダブルスで金メダルの髙橋礼華選手、松友美佐紀選手(ともに日本ユニシス)が受賞しました。

吉田選手は、リオデジャネイロオリンピックのレスリング競技女子53kg級で4大会連続のメダルを獲得し、日本女子チームのキャプテンとして金メダル4個・銀メダル1個の獲得に大いに貢献しました。また、髙橋選手と松友選手はリオデジャネイロオリンピックのバドミントン競技女子ダブルスで日本人初となる金メダルを獲得し、バドミントンの普及、競技力向上に貢献されました。表彰式では米山勉理事長から、吉田選手及び代理で出席された松友選手のお父様と、髙橋選手のお母様にトロフィーが授与されました。

【吉田沙保里選手受賞コメント】
「本日はこのような素晴らしい賞を受賞でき大変光栄に思います。3歳からレスリングを始め、まさかオリンピック4大会に出場し、これだけの記録を残せるとは思っていませんでしたが、これもレスリング協会の福田会長を始め、これまで指導、応援してくださった皆様のおかげだと深く感謝しています。リオオリンピックでは銀メダルで悔しかったですが、後輩たちが金メダルを獲得してくれて自分のことのように嬉しかったです。3年後の東京オリンピックでは、日本が盛り上がるよう、大会が成功するように頑張っていきたいと思っています」

受賞者の吉田沙保里選手(左)と米山勉理事長(右)


【松友伸二様の受賞コメント(松友選手の父)】
「この度は髙橋礼華、松友美佐紀にこのような名誉ある賞をいただきありがとうございます。皆様のご支援あっての結果だと思っております。2人は高いところを目指し、まだまだチャレンジ精神で競技に取り組むことと思います。東京オリンピックまでの3年間でまた新たな“タカマツペア”に生まれ変わってもらいたいと思います。本人たちも皆様の期待に応えられるよう頑張っていくことを望んでいます」

受賞者の松友選手の父・松友伸二様(左)、髙橋選手の母・髙橋智子様(中央)、米山勉理事長(右)